2005年03月21日

[Thunderbird]複数の署名を切り替えて挿入する

差出人情報を切り替える方法と拡張機能であるQuicktextを利用する方法の二通りがある

**「アカウント設定」-「差出人情報を管理」を利用する方法**
※署名の登録※
(1)「差出人情報を管理」ボタンを押し下げる
   →アカウントの「差出人情報管理」ダイアログが開く
(2)「追加」ボタンを押し下げる
   →「差出人情報の設定」ダイアログが開く
(3)「設定」タブの「名前」欄に任意の名前を入力
   ←受信者のメーラーに差出人として表示される
(4)メールアドレスを入力
(5)「メッセージに次の署名を挿入する」を有効にする
(6)「参照」ボタンで予め署名を書き込んだテキストファイルを指定する
(7)「OK」ボタンで各ダイアログを閉じる
同じアカウントでも(3)の差出人名毎に署名のテキストファイルを指定すればよい。
※使用方法※
(1)メール作成ウィンドウの差出人ボックスでスピンボタンをクリック
(2)プルダウンされるリストから使いたい差出人名を選択

**ExtensionのQuicktextを利用する方法**
※Quicktextの入手とインストール及び署名の登録
(1)Quicktextを任意のフォルダにダウンロードする
  http://www.extensionsmirror.nl/index.php?showtopic=1387
  →Firefoxの場合はWebページ上のダウンロードファイルのリンクの上で
   右クリックして「リンク先を名前をつけて保存」する
   (このwebサイトからのソフトウェアのインストールを許可する必要がある)
(2)ダウンロードしたxpiファイルをThunderbirdの「拡張機能」ダイアログにドラッグ&ドロップ
(3)Thunderbirdを再起動
(4)新規メール作成ウィンドウを開く
  →件名の下に新しいツールバーが追加されている
(5)そのツールバーの右端にあるEditボタンを押し下げる
  →Quicktext Configウィンドウが開く
(6)10件まで登録できる
  →Title欄に登録する名前が(4)のツールバーにそのまま表示される
(7)登録完了時にはsaveボタンを押し下げる
※使用方法※
・(4)のツールバー上の10個のTitleボタンから選んで押し下げるだけ
・常套句や定型文を登録して置くのが本来の用途だろう

役に立ったらポチッとな→banner_04.gif    
posted by ぼてじゃこ at 11:43| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Thunderbird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
**「アカウント設定」-「差出人情報を管理」を利用する方法**が参考になり、ありがとうございました。但し、「差出人情報の設定」の「編集と入力アドレス」で「署名を挿入する位置」を「通信部の下(引用部の上)」と設定しましたが、後から追加した差出人名に関しては自動的に「引用部の下(推奨)」にリセットされてしまいます。これはバクかと思われます。
Posted by okuno at 2005年06月01日 13:13
確かにリセットされてしまいますね。
その部分はデフォルトのままにしていましたので気付きませんでした。
Posted by ぼてじゃこ at 2005年06月01日 16:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。